ジューヌとは?

ワインと鍋?

 

『jeune』は、『若い』と言う意のフランス語です。

 

愛するワインを、美容と健康に良い肴で楽しむにはどうしたらいいか、

考えました。

 

多量の野菜を食物繊維と共に無理なく取れる、和出汁で炊いた寄せ鍋。

お肉は、しっかりと煮込む事で余分な脂を落としコラーゲンと旨味だけにし、魚は南フランス料理の技法で、香味野菜と鮮魚を贅沢に身ごと骨ごとじっくり煮込んで作った濃厚なスープ『スープドポワソン』で魚介を炊く『特製ブイヤベース』に。こちらも一度冷めるとぷるぷるのゼリー状になる位のコラーゲンと凝縮した旨味にする。

 

ソムリエの経験も、存分に発揮できると思いました。

 

鰹節、昆布、アゴを使った和出汁は、シャンパーニュやイタリア海岸部で生まれた白ワインとの相性は抜群ですし、ブイヤベースは、南仏のロゼワインやスペインのシェリーともよく合います。

牛すじを塩麹で煮込んだ時の香りは、ブルゴーニュのピノノワール種の赤ワインの出汁に似た味わいのものと好相性です。

中華料理でよく使われる香辛料で煮込んだ豚肉は、カベルネソーヴィニヨン種やグルナッシュ種のぶどうで作られた赤ワインとぴったりです。

 

一聴するとミスマッチの様な『ワイン』と『鍋』は最高のマリアージュを生むのです。

 

勿論、『鍋仕立て』以外のお料理もご用意しております。

『4日間かけて作る牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』『真鯛の昆布締め 柚子胡椒オリーブオイル』『パルマ産生ハムとライチのコンポート』。

 

そして、お一人でも気軽にお寄りいただける様にお一人分量で、ほっと安心出来る様にカウンターを温もり豊かな栗の木の一枚板を選びました。

 

生まれ育った町立川に感謝を込めて、ここに集った方々が、気持ちも体もいつまでも健康で『若く』いられる様な場所にしたいとの思いを込めて、店名を『jeune』に致しました。